No.4は眠らない

さすらいもしないで死にたくない

KOMINEの電熱グローブのレビューを書いてみたよ!

掃いて捨てるほどいる雑魚です。
雑魚が使ってるKOMINEの電熱グローブのレビューだよ!

KOMINE 電熱グローブ「ロンギヌス」のレビュー

電熱グローブを購入した理由

雑魚は390DUKEに乗るまではハンドルカバーを使っていた。
安価でコスパ最強、冬の寒さもへっちゃら。
それがハンドルカバー。
しかしこれを付けるとバイクが死ぬほどダサくなる。
雑魚は全く気にしていなかった。
しかし390DUKEを購入して思った。
ハンドルカバーダサすぎて付けたくない。
よし、電熱グローブ、買うかっ!

電熱グローブのタイプ

電熱グローブの発熱方法は大きく分けて3種類に分けられる。

  • モバイルバッテリー

コンパクトなため配線をいちいち繋いだりの手間が省けるが持続時間が3~4時間程度。
そしてあまり暖かくないというレビューも散見される。

  • バッテリー直繋ぎ

バイクのバッテリーに直繋ぎするので持続時間の制限がない。配線を繋がなくてはいけないのと冬場以外には活躍しないので配線が煩わしい。ヒートマスターやRSタイチがこのタイプ。

  • シガーソケット

シガーソケットで接続するのでこちらも持続時間制限がない。シガーソケットを付けていないと使えない。KOMINEがこのタイプ。

雑魚はシガーソケットで接続する方法を選んだよ。
シガソケならUSB変換アダプター付ければipadも併用できるし冬以外は蓋しておけば問題なし。
シガソケはニューイングのを付けてる。

USB変換アダプターを使えばipadの充電も問題なし!

KOMINE 電熱グローブ 「ロンギヌス」

THE厨二!を彷彿させる電熱グローブの名前。
発売当初は指先まで電熱線があるから暖かさが段違い!みたいな売り文句だったがいつの間にか生産中止に…
当時併売されていた「カシウス」(チュウニィ!)は今も残ってるよ!

なので今回のレビューはカシウスに近いと思う。
電熱グローブから接続用のコードが出ているので
f:id:No4onoffroader:20201129110600j:plain
これをシガソケのケーブルに接続。
ケーブルはジャケットの中を通して手首の横から出しておくと目立たないし絡まないよ!
萌え袖。
f:id:No4onoffroader:20201129110659j:plain
接続したらバイクのシガソケにケーブルを接続。
f:id:No4onoffroader:20201129110753j:plain
ちゃんと繋がっていれば赤いランプが点灯する。
後はスイッチを長押しすると赤(強)が点く。
その後はスイッチを押すごとに
f:id:No4onoffroader:20201129111012j:plain
赤緑(中)
f:id:No4onoffroader:20201129111029j:plain
緑(弱)
f:id:No4onoffroader:20201129111048j:plain
の順で温かさが変わるよ!

使ってみて

10~15℃くらいだと弱~中で十分暖かい。
強にすると熱すぎる。
10℃を下回ると強じゃないと冷たくなってくる。
5℃以下だと暖かくはないが冷たすぎにならないといった感じ。
0℃以下はバイクで走れなくなるので知らんが多分キツイと思う。

電熱グローブのここが駄目

シガソケのケーブルにつなぐなど配線が面倒。
バイクから降りるたびに繋ぎ直さなくてはいけないので休憩を余りしなくなる。
あとこれはロンギヌスだけかもだけど指先がキツくて長時間乗ると痛くなる。

断線ってするの?

電熱グローブを使用するにあたって断線により使えなくなるのではないかと心配する人もいるだろう。
安心したまえ。
電熱線の断線はしないが故障はするぞ!
雑魚は買って一ヶ月でグローブのコードが断線し修理へ出した。
f:id:No4onoffroader:20210210002056j:plain
戻ってきて1ヶ月またコードが断線。
今度は丈夫なコードに変えておきますと太目になっていた。
購入して1年間は保証が利くから全部無料で修理してもらえるよ。
そして去年、またコードが断線。
保証期間は終わっていた...
あああああああああああああああああああああああああ
確か修理で郵送代含めて4000円くらいだった気がする...
コード断線しすぎでしょ。
多分ケーブルに繋ぐときに乱暴に引っ張ってるのも原因かと思う。
今度から優しめにしてやらねば。

まとめ

ハンドルカバー付けたくないけど寒い中どうにかならんかな?と思ってる人は電熱グローブ一択。
よく冬用のグローブでどうにかならんか思考錯誤してる人いるけどはっきり言ってどうにもならない。
ハンドルカバー+グリップヒーター>>>電熱グローブグリップヒーターハンドルカバー>>>>>|越えられない壁|>>>>>冬用グローブ
これが現実なのだ。
コスパが1番良いのは間違いなくハンドルカバーだ。
しかし見た目が死ぬほどダサいのでお金に余裕のある人は電熱グローブを選んだ方が幸せになれる。
最近は12Vの発熱力が高いものも販売されるようになった。

気になる人はお店で一度試着してみると良いよ。
電熱グローブを1度使うともうハンドルカバーには戻れない。

以上だよ!
www.no4onoffroader.com
www.no4onoffroader.com