No.4は眠らない

さすらいもしないで死にたくない

390DUKEのオイル交換したよ

掃いて捨てるほどいる雑魚です。
北海道ツーリングから帰ってきたのでオイル交換したよ!

390DUKEのオイル交換

オイル交換を自分ですることにした理由

390DUKEはお店でオイル交換していたのだがある日領収書を見たらアンダーカバー外しで3000円プラスね!ってなっていた。
え?これ取り外すだけで3000円も上乗せすんの?ボルト6本外すだけなのに!?

自分でやりまぁーす!

必要な工具

390DUKEはオイルを抜くドレンボルトが2箇所あるのでそれぞれ13mmと18mmのメガネレンチがあればいける。

他の箇所はソケットレンチセットをホームセンターで買っておけばOK。
2000円もしないはず。

え?工具が安すぎる?
インドネシアの安物パーツにブランド工具はいらんのだ。
あとゴム手袋しておくと手が汚れずに済むよ!

オイル交換…できませんでした…

まずはアンダーカバーを取り外して暖気がてら1~2km走ってくる。
エンジンが温まったらオイル受けを置く。

ポイパック使わないの?と思ったあなた、鋭い!

実は自治体によってはエンジンオイルの廃棄が認められていない地域もあるのでその場合は廃オイルをGSなので引き取ってもらわなくてはいけないのだ。
まあお金かからないからいいんだけど!
ドレンボルトを外すよ!

と思いきやナメた…
メガネレンチかけるとき位置的に斜めに力をかけなくてはいけなくて結構堅かったから足でグッと踏みつけたらナメた…
辛い…
これはもう例のツイストソケットの出番か!?と思ったけどナメたの18mmのドレンボルトの方でこの前買ったの13mmなんだよね。
www.no4onoffroader.com
とりあえずディーラー行ってドレンボルト注文してこなくては。
ドレンボルトの取り寄せにまた1週間くらいかかるのかと思ったら在庫があったので即購入。
980円の出費!
ついでにアストロプロダクツへ行ってツイストソケット買おう!と思ったら18mmのツイストソケットの在庫がない…
じゃあ普通のソケットレンチでいいや。
300円の出費!
多分外せるやろ。

あらためましてオイル交換!

18mmのソケットレンチを装着!

セイヤッ!

外れた!
ナメてたけどイケた!

こいつはもう使わないけど念のために取っておこう。
ラジオペンチでフィルターを引っこ抜くとドバドバ出た。

ある程度抜けたら13mmの方も外す。
フィルターはパークリで洗浄。

ついでにオイルフィルターも交換する。

ちなみにここのボルトは以前緩める時に捩じ切れて絶望を味わった。
締める時でなくて緩める時に捩じ切れるってインドネシアやばー。
ボルトを外してカバーも外す。
このオイルフィルターの取り外しが結構面倒なんだがそこは先人、偉大である。

このクリップをひん曲げて隙間に入れて引っ張ればあら不思議。
サークリッププライヤーなんて使わなくても簡単に取り外せるのです。

天才かっ!?これ考えた人天才かっ!?
オイルが抜けきるまでしばし待機。

抜けきったらドレンボルトは新品に交換。

オイルフィルターも新しいものに交換。

オイルはワコーズ4CT-S10w-50を使っている。

推奨は15w-50なんだけど購入したお店がこれを使っていたのでそのまま引き継いだ。
自分でずっとオイル交換するよ!って人は4L缶がお勧め。

1.7Lが推奨量なのだがお漏らしもするから1.8L入れてる。
測り取って

漏斗でIN。

ちなみにオイルジョッキの方が全然入れやすいよ!

オイル窓はフル状態。

入れ終わったら暖気がてらにまたひとっ走り。
やっぱオイル交換するとめっちゃ調子いいな!
再度オイル窓を確認。

うむ、問題なし!
後は廃オイル回収。

大分たまってきたから今度処分しよう。

まとめ

オイル交換はそんなに難しくないけど工具の取り扱いに慣れていないと雑魚みたいにパーツが逝かれるから注意してね!
ドレンボルト緩めるのはソケットレンチの方が良いからメガネレンチはもう使わない。
今回で37,000kmも走ってた。
まだまだよろしくな!